MUS 2013 JAN‏

  • 2013.02.07 Thursday
  • 13:37
 皆様      FROM 前田耿史ー日本ベテランズ倶楽部

明けましておめでとうございます。
今年は世相も色々と、若干明るくなって来ました。
また今年も音楽を楽しんで下さい。

また例のごとく日本フィルのご紹介ですが、
同フィルは、新公益法人登録を目指して今年は正念場を迎えます。
新日本フィルとの分裂騒動以来、引き継がされた赤字2億円が
ようやく5千万になりましたが、これを 0 にしないといけません。
今年はますます大変な年になります。
技量はラザレフ氏の薫陶の元見違えるような音色になりました。
もう一息。。。応援して上げて下さい。

1月のご紹介は下記です。
公演にご参加頂ければ幸いです。

A  1/12-土-午後6時 横浜みなとみらい大ホール

シューマン オペラ ゲノフェーファ 序曲
ゲノフェーファは伯爵ジークフリートの妻。聖女です。
オペラは4幕 2時間。あまり成功はしなかったようですが、
その序曲。ヘッペルの戯曲に曲をつけたものです。

ベートーベン ロマンス 2番
旋律的な小曲です。ヴァイオリンとオーケストラ。

サンサーンス 序奏とロンド、カプリチオーソ
サラサーテ(例のヴァイオリンの名手)の為に作曲されました。
1863年。スペインのギター的な技法を使い、しかし内容はあくまで
フランス的。
五嶋みどりさんが得意にしております。テクニックの塊の曲です。

サラサーテ ツイゴイネルワイゼン
これも同じような技巧の曲。

     ここまではいずれも小曲。そこで大曲。。。

ベートーベン 交響曲第3番 英雄
最初の作曲の頃献呈しようとしていたナポレオンが変節し
何と野心に燃えた皇帝になってしまったことを怒ったベートーベンは
この楽譜の表紙を引きちぎってしまったそうです。
然し曲は豪壮壮大、まさに英雄に値する大曲です。
第二楽章の葬送行進曲は変節ナポレオンへの献呈ににふさわしいか?
また、50分のこの曲は 後世の第九への下敷きとなったようです。
とにかく素晴らしい曲です。

指揮 川瀬賢太郎 ヴァイオリン 尾池亜美。で。。。
 
B 1/26-土-午後2時 サントリーホール

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
これはラフマニノフがとくにアメリカのために作曲したものと
いわれます。
ピアノには極めて複雑、緻密な技巧を要求されます。
優雅、甘美、そして哀愁的。
第二楽章と第三楽章は切れ目なく演奏されます。約40分。


ラフマニノフ 交響曲第3番
交響曲は通常4楽章ですが、これは異例の3楽章。これはフランス型です。
1936年の完成です。ルッツエルン湖のほとりの別荘で作曲された由。
初演はストコフスキーとフィラデルフィア管弦楽団。
第1楽章はやや淋しげ。第2楽章はスケルツオ。第3楽章は軍隊調の
フィナーレ。力強く締め括られます。

指揮 アレクサンドル、ラザレフ。
ピアノ チャン、ハオチェン

                     以上2件です。

  TICKETは適宜会員価格適用などで優遇致します。
  但し枚数に限りあり、その辺りは乞うご容赦。

      メールのご連絡 お待ちします。

                    拝 。。。。。。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM